ナノカーボン,グラフェン

ナノカーボン,グラフェン

グラフェンやカーボンナノチューブなどのナノカーボン材料は,トランジスター,センサー,光エレクトロニクスなどの多くのアプリケーションで大きな役割を果たしています.柔軟かつ適切な解析方法で,ナノカーボン,グラフェンの研究開発を加速します.

ナノカーボン試料に対して幅広い分析観察をおこなうために,WITecはさまざまな観察手法,たとえば共焦点ラマンイメージ,原子間力顕微鏡(AFM),近接場光学顕微鏡(SNOM)を提供できます.さらに,WITecの装置は,すべてを1台の装置に集約しており,ナノカーボン試料に対してさらに先進的な分析手法として,AFMラマン,TERS,SNOMラマンや,最新のSEMラマン観察も可能です.

観察例

WITec Raman AFM CVD Graphene

CVD法で作成したグラフェン層の同一領域の左:ラマンイメージング,右:AFM像

WITec Raman SEM Graphene flake

RISE(SEMラマン)によるグラフェンの観察.ラマン像をSEM像に重ね合わせ表示.

WITec AFM Nano Carbon SWCNT

カーボンナノチューブのAFM表面形状像

WITec Raman AFM Graphene flake

グラフェンフレークの左:ラマン像,右:AFM表面形状像

WITec SNOM Graphene flake

グラフェンの折りたたみ層のSNOM像

Imaging Systems for Nano-Carbon & Graphene Research

文献資料

参考文献のページへ

お問い合わせ

正確を期すため,全ての項目にご記入をお願いいたします.

個人情報保護:
'WITecは,サイトから得られるどのような個人情報も尊重いたします.入力された個人情報につきましては,御請求の範囲内で適切に使用いたします.