鉱物

鉱物

FuidInclusion Garnet 3D small

ガーネット中の液体の共焦点ラマン3次元イメージ

WITecの共焦点ラマン顕微鏡は,鉱物試料に対して,鉱物の識別,特性分析や,高圧/高温での相転移の観察に適しています.

共焦点ラマン顕微鏡を用いることによって,組成の空間分布や関連,鉱物の相,化学組成を得ることができ,試料の解釈に大いに役に立ちます.WITecの装置では,cmスケールの広域走査からミクロン以下の高分解能まで観察することができます.多くの鉱物試料は,近紫外(NUV)から可視,近赤外(NIR)までの波長に対して透明であり,WITecの共焦点ラマン顕微鏡のすぐれた共焦点性によって分解能の良い3次元画像を得ることができます.

WITec装置は幅広い用途に使用でき,様々な観察手法が可能で,観察結果から多くの試料に対する情報を得ることができます.顕微鏡システムとして可能な組み合わせは,共焦点ラマン顕微鏡,原子間力顕微鏡(AFM),近接場光学顕微鏡(SNOM),電子顕微鏡(SEM)があります.共焦点ラマン顕微鏡は化学情報を,AFMは表面形状/構造,硬さ/吸着力などの物理特性を,SNOMは,光学回折限界を超える,高分解能光学像を得ることができます.すべてのWITec装置は,要望に応じて,機能をアップグレードすることができます.

観察例

WITec Raman GeoScience Rock

鉱物の研磨面の広域ラマンイメージと各色に対応するラマンスペクトラム

WITec AFM Bacteria

バクテリア化石のパルスフォースモードAFMイメージ.画像は,試料表面の吸着力の違いを画像化している.

WITec Drawing New Website

閃緑岩のRISE Microscopy (SEMラマン)イメージ

 

WITec Topographic Raman Rocksample

鉱物試料の傾斜した表面のTrueSurface法を用いた表面形状像と,重ね合わせ表示した共焦点ラマンイメージ

Imaging Systems for Geo Science

文献資料

参考文献のページへ

お問い合わせ

正確を期すため,全ての項目にご記入をお願いいたします.

個人情報保護:
'WITecは,サイトから得られるどのような個人情報も尊重いたします.入力された個人情報につきましては,御請求の範囲内で適切に使用いたします.