考古学,美術

考古学,美術

考古学の分野では,絵画,ミイラ,骨董品,織物などの分析が行われます.これらの試料は,時として貴重で,慎重な取り扱いを必要とします.WITecの装置は,考古学の分析において,試料の物理特性,化学特性を総合的に分析することができます.たとえば,共焦点ラマンイメージは,考古学試料に対して化学特性,分子特性を非侵襲,非破壊で分析することができます.試料は,特別な前処理を必要としないので,後で他の分析手法へそのまま渡すことができます.

WITec装置は幅広い用途に使用でき,様々な観察手法が可能で,観察結果から多くの試料に対する情報を得ることができます.顕微鏡システムとして可能な組み合わせは,共焦点ラマン顕微鏡,原子間力顕微鏡(AFM),近接場光学顕微鏡(SNOM),電子顕微鏡(SEM)があります.共焦点ラマン顕微鏡は化学情報を,AFMは表面形状/構造,硬さ/吸着力などの物理特性を,SNOMは,光学回折限界を超える,高分解能光学像を得ることができます.すべてのWITec装置は,要望に応じて,機能をアップグレードすることができます.

WITec Raman OpticalImage Archaeology

Raman Image of a Roman fresco overlayed on the optical image.

観察例

WITec Topographic Raman Archaeology

ローマ時代のフレスコ画のTrueSurface法での共焦点ラマンイメージ. 左:TrueSurface法を用いた表面形状像; 右: 形状補正を行った共焦点ラマンイメージ

Imaging Systems for Archaeology & The Arts

文献資料

参考文献のページへ

お問い合わせ

正確を期すため,全ての項目にご記入をお願いいたします.

個人情報保護:
'WITecは,サイトから得られるどのような個人情報も尊重いたします.入力された個人情報につきましては,御請求の範囲内で適切に使用いたします.